Windows 10のドライブのプロパティでディスクのクリーンアップの修復ができない

ハードディスクの容量を確保することはよくありますが、これはCドライブのプロパティにある「ディスクのクリーンアップ」機能を使って行うことができます。定期的にハードディスクをクリーンアップすることで、PCがスムーズに動作するようになります。しかし、多くのユーザーが、Windows 10 PCのドライブのプロパティからディスクのクリーンアップ機能が失われていることを報告しています。
ハードディスクをクリーンアップするサードパーティソフトウェアを使用しておらず、この機能だけに頼っている場合、これはフラストレーションになる可能性があります。良いニュースは、ドライブのプロパティにディスククリーンアップのオプションを取り戻すことができることです。その方法を見てみましょう。

方法1:ごみ箱のプロパティで

ステップ1:

デスクトップに移動し、ごみ箱を右クリックします。コンテキストメニューから[プロパティ]を選択します。

ステップ2:

ごみ箱のプロパティ]ダイアログボックスの[全般]タブで、[選択した場所の値の設定]セクションに移動します。ここで、「カスタムサイズ」の隣にあるラジオボタンを選択します。「適用」、「OK」の順に押して、変更を保存し、終了します。

ステップ3:

ここで、WindowsキーとEを一緒に押して、ファイルエクスプローラーのウィンドウを開きます。ペインの左側にある「このコンピュータ」をクリックします。

次に、ペインの右側でCドライブを右クリックし、コンテキストメニューから「プロパティ」を選択します。



方法2:runコマンドを使用する

この方法を使えば、ハードディスクのクリーニングを続けるだけでいいのです。それでは、方法を見てみましょう。

ステップ1: WindowsキーとRを一緒に押して、キーボードの「ファイル名を指定して実行」コマンドを開きます。ここで、次のコマンドをコピーして、実行コマンドの検索ボックスに貼り付けます。

OKを押して、ディスククリーンアップのプロセスを続行します。

ステップ2:

ここで、クリーニングしたいドライブを選択し、OKを押して続行します。
これで、ドライブのプロパティにある「ディスクのクリーンアップ」ボタンを使って、ハードディスクの容量を確保することができます。

あなたのためのスペシャルチップを手に入れる